植物

yooful

石垣島の塩屋が始めた

バスエッセンス&バスソルト工房

Bath Nature Salt Cosmetics

yooful  STORYの始まり

 

私たち yooful では沖縄・日本最南端八重山諸島 石垣島で「森・海のエッセンス」からの塩づくりをしているノウハウがありました。

​塩屋が始めた

バスエッセンス&バスソルト工房

 

私達、塩職人の仲間には子供の頃からアトピー性皮膚炎や子供にアレルギー反応をもつ仲間がおり、「自然のエッセンスのチカラで貢献できる事はないか」と島の塩職人たち皆で考え生まれたのがバスエッセンス&バスソルトブランド「yooful」のはじまり です。

yooful の意味

yooful(ゆーふる)とは沖縄(琉球)に

おいて、お風呂場の意味を指します。

素のわたしにリセットされる

yooful

 

お風呂場は服を纏わず、素肌になること素の「わたし」にリセットされる日常の中の非日常空間。またお風呂場は肌をキレイにするだけではなく水の清らかな浄化の力をかりて一日の疲れを癒し、自分の肌に触れながら自分を労わったり次の日に向けてのリスタート空間でもあるでしょう。

 yoofulのバスソルトが、石垣島の海とつながり素のわたしへと還るお手伝いができれば幸いです。

 

yoofulのビジョン

「日常のバスタイムに海を」

yoofulのビジョンは赤ちゃんから大人まで、お肌に安心・安全な「森・海のエッセンス素材」を活用し「日常のバスタイムに海を」デザインする事です。

 

 私達、人は一般的に海から生まれてきた生命だと言われており、またママのお腹の海で育ち生き! 誕生するとカラダの中に海を循環させるDNAに刻まれた記憶があります。

そんな私達に眠る「海の記憶」を日常のライフスタイルに活用できる空間があれば、自分を「素」に「本質」に立ち返る事ができるのではないでしょうか?

「日常のバスタイムに海を」とは yoofulのビジョンから生まれた誕生メッセージです。

yooful

石垣島の塩屋が始めた

バスエッセンス&バスソルト工房

Bath Nature Salt Cosmetics

​沖縄最高峰・於茂登岳

からの流れてくる

森のエッセンス

×

サンゴのミネラルが

バスソルトの原料となります。

​#01

1/6
1/6

海のイメージが強い石垣島。

​日本最南端 八重山諸島の

西表石垣国立公園に属し

亜熱帯の於茂登山脈は

沖縄最高峰の於茂登岳を育む。

石垣島最大の湿地帯を作り

アンパル湿原とも呼ばれ

ラムサール条約登録地にも指定。

石垣島の豊かな森は

海につながる原点です。

yooful

石垣島の塩屋が始めた

バスエッセンス&バスソルト工房

Bath Nature Salt Cosmetics

​#02

石垣島最大の湾、名蔵湾は森の

影響を受けた多様性に飛んだ動

植物の住まう湾です。石垣島の

島人は、満月・新月の大潮にな

ると晩御飯のおかずにする貝や

季節によりモズクを探している

光景に日常的に見る事を出くわ

す事もあります。

名蔵湾のサンゴ礁の生態系は

森と海のコラボレーション。

バランスの良い海水がyooful

​のバスソルトの原点です。

yooful

石垣島の塩屋が始めた

バスエッセンス&バスソルト工房

​#03

Bath Nature Salt Cosmetics

バスソルト&バスボムの

原料となる

島のエッセンスには

何も足さず

何も引かない

無添加の塩を​

私達、職人がいちから

仕上げております。

1/4